横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

今週の聖研は、キャンドルナイトの前に
旧約聖書のエレミヤ書を読みました。
エレミヤ書20章9節
「私は、主の言葉を宣べ伝えまい
もう主の名で語るまい」と思いましたが、
主のみことばは、
私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて
燃えさかる火のようになり 私はうちに
しまっておくのに疲れて耐えられません」

これは、正しいことを語りながら、まわりに
理解されないばかりか、笑いモノになって
嘲られ迫害され、まさに踏んだり蹴ったりの
預言者エレミヤが発した言葉です。

うん?骨の中・・燃えさかる火
これは、あのGOSPEL曲 『Fire』の歌詞では?
と気付いたのはSちゃん先生
『Fire』
という名のGospel曲、この箇所を題材にしてる曲
はいくつかあります。
たとえばNew Direction のこれ

http://www.youtube.com/watch?v=RLHcr45BhUc

うちのクワイアではこのタイプは歌ってないけど
いいでしょ。 このクワイア・・好き♪

それから
日本で、いくつかのクワイアが歌ってるTPWのFire
私がはじめて聴いたのは、HマスクワイアのFire
特にディレクターHさんのカッコいいフリに釘付け!? 
いい曲です♪

Fire・・「火」は聖書の中にたくさん出てきます。

神様の恐るべき力!聖さ!精錬! 聖霊の力 
罪を焼き尽くす炎 愛

イエス様から、「あなたはかけがえのない人!
あなたのために私の命を差し出そう!」
と妬むほどに激しく燃えるような愛で、愛され、
慈しまれ、赦された私達だから、

その喜びや感謝を閉じ込めないで
神への愛、人への愛を燻らせないで、
まっすぐ燃えるように生きたい
炎のように歌い続けていきたい
スポンサーサイト



2009.06.24 / Top↑
Secret