横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

今日も仲良し姉妹 Co姉さんといっぱい遊びました!
今日は思う存分ワンプロもできて、満足そう!
Kくんがきたら、お互いのボールを貸してあげて、
穏やかに遊びました。
Kくんは、前回、雄犬同士 少しこわい思いをしたので、
もうこの公園に来ないかな?と心配でしたが、怪我もなく、
公園を避けるでもなく、きょうも楽しく遊べて良かった!
ハンナも自分から仕掛けることはしないし、Co姉さんが、
とっても優しいので、見ていて安心です。
4228C6CC-C9FE-47BC-9016-C0A64A5D3737-COLLAGE.jpeg

雄犬同士は、喧嘩になったり、噛んだ噛まれた、が多いようです。
先代の黒柴ハルは、散歩の時は、常に堂々としていて、
他の犬とすれ違っても、チラ見すらしない感じでしたが、
もし、仕掛けられようものなら、きっと躊躇なく噛む!
制圧するまで、闘いをやめなさそうな雄犬でした。
飼い主や、親しい人まで、何回も噛んで流血させた前科者。
事故防止のため、家の中でも繋いで、散歩の際も他の犬にも、
飼い主さんにも、一切近づけませんでした。
流血を経験してるだけに、公園での雄犬同士の威嚇や、トラブルが、
大事件に発展しないよう祈るばかりです。

そんなハルでも、ツンデレが、とっても可愛かったし、もっと一緒にいたかった。
7歳で病気で亡くなって、「あの犬が飼えるんなら、何でも大丈夫でしょう!」って
獣医さんに紹介していただいた、保護犬ハンナは、ビビリだけどフレンドリーで、
ここ2年半ちょいのワンワンライフはとっても豊かです。
2024.03.15 / Top↑