横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

㊗️イースターおめでとうございます。
きょうは、イースターについて書かれている箇所を
ヨハネの福音書から紐解きました。

ラザロを生き返らせたJESUSは、ヨハネの福音書11 章25、26 節で
こう言われました。

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」


その後、罪なきJesusは、全人類の罪を背負い十字架にかかり、死んで葬られました。
そして復活!これがイースターです。

ヨハネの福音書20章

1 さて、週の初めの日に、マグダラのマリヤは、朝早くまだ暗いうちに墓に来た。
 そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。
2 それで、走って、シモン・ペテロと、イエスが愛された、もうひとりの弟子との
 ところに来て、言った。
「だれかが墓から主を取って行きました。主をどこに置いたのか、
 私たちにはわかりません。」
3 そこでペテロともうひとりの弟子は外に出て来て、墓のほうへ行った。
4 ふたりはいっしょに走ったが、もうひとりの弟子がペテロよりも
 速かったので、先に墓に着いた。
5 そして、からだをかがめてのぞき込み、亜麻布が置いてあるのを見たが、
 中に入らなかった。
6 シモン・ペテロも彼に続いて来て、墓に入り、亜麻布が置いてあって、
7 イエスの頭に巻かれていた布切れは、亜麻布といっしょにはなく、
 離れた所に巻かれたままになっているのを見た。
8 そのとき、先に着いたもうひとりの弟子も入って来た。そして、見て、信じた。
9 彼らは、イエスが死人の中からよみがえらなければならないという聖書を、
 まだ理解していなかったのである。
10 それで、弟子たちはまた自分のところに帰って行った。
11 しかし、マリヤは外で墓のところにたたずんで泣いていた。
 そして、泣きながら、からだをかがめて墓の中をのぞき込んだ。
12 すると、ふたりの御使いが、イエスのからだが置かれていた場所に、
 ひとりは頭のところに、ひとりは足のところに、白い衣をまとって
 すわっているのが見えた。
13 彼らは彼女に言った。「なぜ泣いているのですか。」彼女は言った。
 「だれかが私の主を取って行きました。どこに置いたのか、
  私にはわからないのです。」
14 彼女はこう言ってから、うしろを振り向いた。すると、
 イエスが立っておられるのを見た。
 しかし、彼女にはイエスであることがわからなかった。
15 イエスは彼女に言われた。「なぜ泣いているのですか。
 だれを捜しているのですか。」彼女は、それを園の管理者だと思って言った。
「あなたが、あの方を運んだのでしたら、どこに置いたのか言ってください。
 そうすれば私が引き取ります。」
16 イエスは彼女に言われた。「マリヤ。」彼女は振り向いて、ヘブル語で
 「ラボニ(すなわち、先生)」とイエスに言った。
17 イエスは彼女に言われた。「わたしにすがりついてはいけません。
 わたしはまだ父のもとに上っていないからです。わたしの兄弟たちのところに行って、
 彼らに『わたしは、わたしの父ま たあなたがたの父、わたしの神またあなたがたの
 神のもとに上る』と告げなさい。」
18 マグダラのマリヤは、行って、「私は主にお目にかかりました」と言い、また、
  主が彼女にこれらのことを話されたと弟子たちに告げた。
19 その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、
  ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。
 「平安があなたがたにあるように。」

コリント人への手紙第一15:3〜6で、パウロが、この出来事について
こう書いています。

3 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、
 私も受けたことであって、次のことです。
 キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
4 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目に
 よみがえられたこと、
5 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。
6 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。
その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、
すでに眠った者もいくらかいます。

パウロはローマ人への手紙6 章23 節でこう記しています。
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、
私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。


この出来事が、弟子によって、また証言者によって
伝えられました。これこそが福音 ゴスペルです。
2023.04.10 / Top↑