横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

きょうは、梅の花が7つ

老齢犬チェリーは17歳。ストーブの前でも突然ぶるぶる
震えるかと思うと、寒い真夜中に元気いっぱい走り回ったり、
玄関で、勇ましく吠えてたかと思うと、周りで何が起きようとも
我関せず・・。耳も遠いし、お間違いや、物忘れも多くなり
それでもプライドは高く、気難しく・・・
先日まで、「私は人には媚びません!!」って
宣言してるようだったのに

ここのところ、急に人恋しくなったようで、練習後など
誰かのそばにピッタリ寄り添って、「私だけを見て!」って
熱烈ラブコール

家族だけになると、今度はまるで私を監視してるように、
気が付くといつも、ジーッとこちらを見ています。

うたた寝をしている間に、私の姿が見えなくなると、
トイレから風呂、2階まで、必死の形相で見つかるまで
猛然と大捜索。

寝るときも、顔洗ってても料理の時も、たいてい足元近くにいます。

私が出かけるときには、ちゃんと挨拶すれば、ついてこないものの
恨みがましーく 横目で一瞥
そして私が、帰る頃には、必ず私が踏みそうなところに「水溜り」を
作って待ってます。
そして、おっとっと!と踏んじゃうのを
ザマミロ!と言わんばかりに見物しています。
怒っても聞こえないし、体罰はかわいそうで・・説教するが効果なし
散歩もしてるし、ちゃんとトイレ場所で用を足せるはずなのに・・

昨日は、犬用のおしっこマット「デオシート」を買ってきて、
「せめて、この上にお願いします!」って譲歩したのに
きょうも忙しくしていたら、わざとはずして横に水溜りを作ってました。

そんなチェリーもラヴァーズの練習にだけは、協力的。
練習日は、ちゃんと分かるらしく、掃除の時間になると、
自分から2階に退去。
寒くても暗くても、終わるまでは降りてきません。
ミッキーとひとつの部屋にいてもおとなしく待っています。
前は、みんなの声に合わせて遠吠えをしていたけれど、
今は 静かに聴いてます。

ワンコたちにも応援されてると思うと、頑張らなくちゃー♪





2009.01.28 / Top↑
Secret