横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪


昨日はイザヤ書の28、29 章を読みました。
28 章では、美しいティアラか冠にたとえられる、
肥沃な谷の真ん中の丘の上に城壁で囲まれてる
塔のある町サマリアの滅亡を預言している箇所です。
アッシリアに攻められ、慌ててエジプトに助けを
求めて、これで大丈夫!とたかを括っていたら、
紀元前522年にこれがまさかの現実になりました。

29 章では、アリエル →エルサレムの陥落と救いに
ついて書かれています。預言された時には、力のない
小さな国だったのが、強大な勢力になり、また消えていく。
これらのことが、預言された通り、現実に起こるなんて。
人間たちが、全く想像だにしていなかったことが、
神様には見えている!本当に驚いてしまいます。
研究会の後は、牧師の、今後のビジョンを聞いたり
和気あいあいと過ごしました。
20211206140628cee.jpeg
2021.12.06 / Top↑