横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

讃美歌、聖歌にある有名な「輝く日を仰ぐとき」
自然を見ると、口ずさみたくなります。
ゴスペルヴァージョンでいつか歌ってみたい。

「輝く日を仰ぐとき」
輝く日を仰ぐとき 
月星(つきほし)眺(なが)むるとき
雷(いかずち)鳴り渡るとき 
まことの御神(みかみ)を思う

★ 我が魂(たま) いざたたえよ
 聖なる御神を
 我が魂 いざたたえよ
 聖なる御神を

森にて鳥の音を聞き 
そびゆる山に登り
谷間の清き流れに 
まことの御神を思う

御神は世人(よびと)を愛し 
一人の御子を下(くだ)し
世人の救いのために 
十字架にかけ給えり

天地(あめつち)造りし神は 
人をも造り替えて
正しく清き魂 
持つ身とならしめ給う

間もなく主イェスは来たり 
我らを迎え給わん
いかなる喜びの日ぞ 
いかなる栄えの日ぞ
2021.02.11 / Top↑