横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

きょうの午前中は、いつものブラック先生ではなく、ブラック先生の師
フロリダのパトリック先生の。「知恵」についてのメッセージを聞きました
そして午後は、エゼキエル書の37章の学びでした。
エゼキエル書の代表的な「枯れた骨」の箇所 

「主の手がわたしの上に臨んだ。わたしは主の霊によって連れ出され、
ある谷の真ん中に降ろされた。そこは骨でいっぱいであった。主はわたしに
、その周囲を行き巡らせた。見ると、谷の上に非常に多くの骨があり、また見ると、
それらは甚だしく枯れていた。」(37:1~2)
「これらの骨に向かって預言し、彼らに言いなさい。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。
これらの骨に向かって主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちに向かって
霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。わたしはお前たちの上に筋を置き、
肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。そして、
お前たちはわたしが主であることを知るようになる。」(37:4~6)

預言について、イスラエルの歴史や終末にまで話が及んで有意義な聖研でした。
そして、ここを題材としている「Dry Bones」というトラディショナル ゴスペルを
Youtubeで探して聴きました。
いろんなヴァージョンがあるけれど、日本のデユーク・エイセスが歌ってるのが
よかった!いやーうまいなー!!と感心しました。

2021.01.11 / Top↑