横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

昨夜は、4日に歌う曲の歌詞を確認していて、英語の歌詞の一箇所に
こだわりだしてしまい、一文に「in」 が省略されてるのか
されてないのか・・・が気になりだして止まらず聖書から裏付けを取ろうと、
受験勉強みたいに 聖書や辞書を積み上げ、頭 爆発寸前でした。


歌詞って歌いやすいように省略されたり、韻を踏むために文法が違ったりってことが多い

ゴスペルの歌詞は、たいがい聖書の言葉と関連づけられてるので、クリスチャンや
聖書を読んでる者にとっては、その言葉を聴いたら、裏の壮大な物語や
聖句を想像して、ツーといえばカーの部分があるけど、
ただ、文を翻訳しただけじゃ、意味が通らなかったり、何のことだかわからん、あるいは
単純すぎてバカっぽいとか、そういうのがいっぱいある。
35年読んでても、はじめは気が付かず、調べて調べて あっ このことね!!って
ことが少なくない。

ま、細かいことにこだわりだすとキリがなく、「細かいトコは、どっちだって
そう変わらないじゃん」と言われりゃその通り。

まあ、許される範囲で、自分なりに解釈して歌ってもいいと思うので、
問題はないのですが、もうちょい追求しまーす。

私は、いつも大概のことは、どーでもいいタイプなんですが、
超局所的こだわりが出ると手に負えない。時間の見境なく
原語のヘブル語、ギリシャ語で、どーなってるのかまで調べないと気が済まなく
なって、納得するまでその勢いと集中力はすごいんだけど、納得した途端、パッと
忘れてしまうというか、奥に仕舞いこむというか、だからあんまりみんなの役には
立たなくてごめん(笑)

ちなみにハマッてるのは、View The City 
新約聖書の最後のヨハネの黙示録・・難解と言われてる書物です。


2010.11.30 / Top↑
Secret