17歳の夏



17歳の昨日(1974 8/30) 、このランチボックスを持って東京を歩いてました。

その日は、幼い頃近所に住んでた 幼なじみのお兄ちゃんが上京するというので、
私は、長い髪に胸当て付きのフリルのフレーアスカートをはいて、
このランチボックスを持って待ち合わせに向かいました。

『どんな人になってるんだろう』ってお互いに妄想を膨らませてたと思うのですが(笑)
再会した人は『実直』『純朴』を絵にしたような東北の青年。
幼少期→高校生じゃそんなに雰囲気も変わらず、
恋の予感は、どこかに消えて、そのまま時間は逆戻り

小さい頃遊んだ山や隠れ家の話、両親、将来の話などしながら
皇居や丸の内の辺りを歩きました。

歩いている途中、突然このランチボックスがパカッと開いた
中の財布やハンカチや小物が派手に散乱。きゃーはずかしいなんでー
あわてて中身を拾い集めて苦笑い・・・
今度はしっかり指で蓋を押さえて・・・絶対大丈夫!・・・・のはずなのに
また 蓋がパカッ  
 
そんな昼下がりに大爆音が響きました。
地震のように地面が揺れ、ガラスが落ちてきて人が倒れました。
連続企業爆破事件です。 死者が8人重軽傷者が数百人という大惨事でした。
けが人を前に立ちすくんでいたら、三菱重工ビルから走り出てきた知人に、
『すぐ駅に向かって走れーもっと爆発するかもしれない、逃げろ』 って怒鳴られて、
二人で後ろを見ずに走りました。

もしランチボックスの蓋が開かなかったら、ちょうど落ちてくるガラスの下を
歩いていたかもしれません。
救急車の音は かなりあとから聞こえました。
あまりのショック  亡くなったりけがをされた方のことを思い、
何もしないで逃げた後ろめたさなどに苛まれ、お兄ちゃんとはそれっきり文通も途絶えました。
ずいぶん遠い出来事になってしまったけれど、8月の末になるといつも、
あの日を思い出し胸の刺が疼きます。

世の中で起こる事や 神様の采配は私たちの理解の範疇を超えていますよね。
あまり考えすぎないで、その愛を信頼して、何があっても御手の中に
寛いでいたいな~と思います。


コメント

非公開コメント

プロフィール

nobuko

ラバログへようこそ☆
YCCゴスペルラヴァーズ&
川崎ゴスペルクワイア&
寺尾、みなみ、菅田、大口
ゴスペルサークルの
ディレクターnobukoが綴る
練習・LIVE・日常のあれこれ♪♪


★★YCCゴスペルラヴァーズ、川崎ゴスペルクワイア、寺尾、みなみ、菅田、大口
ゴスペルサークルは、コロナ感染症拡大予防のため 2020年は
特別プログラムで活動中です。
現在 ご見学、新規のご入会は受け付けておりません。

練習日程、練習場所等は、メンバーにメール&ラインで連絡しています。
確認等は、直接主宰者にご連絡ください。

・・・・・

●YCCゴスペルラヴァーズ 
 毎週土曜14:30~練習、
 
●川崎ゴスペルクワイア 
 第1.2.3(変更あり)水曜19:00~練習
 
●寺尾ゴスペルサークル
 土曜 朝9:30~
 
●みなみゴスペルサークル 
 大岡地区センター
 火曜日 朝9:30~

●菅田ゴスペルサークル
 菅田地区センター 
 日曜日 朝9:30~

●大口ゴスペルサークル
金曜日18:30~

今後のライブ予定はYCCゴスペルラヴァーズ
HPをご覧ください
http://www.ycc-gospel.com


公式HPは、
http://www.ycc-gospel.com 

お問い合わせは、info@ycc-gospel.comまで
お気軽にどうぞ

月別アーカイブ