横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

絶対許せない!と思う「とんでもない奴」っていますよね。
腹が立つのを通り越して、呆れて悲しくなる。

聖書の中に、姦通の現場で捕らえられ引き出された女性をめぐって、
主イエスと律法学者たちが対決する場面があります。
旧約の律法では、姦通は石打ちの刑(死刑)です。
判断を求められたイエス様は、
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず石を投げなさい」
言いました。
すると年長者から始まって一人また一人と立ち去ってしまい、誰も女に石を
投げることができませんでした。
ヨハネの福音書第8章3〜11節

私も自分に聞いてみる。
自分は絶対的に正しく、一点の曇りもないのか?
「とんでもない奴」 になったことないのか?と。

人生を振り返ると、積極的な悪意はなくても、知らずに加担したり、
放置したり、責任回避したり、嘘もついた!
指摘されなくても、自分の「とんでもなさ」は、自分で分かる。
だから、私も 石は投げられない。

イエス様は、罪なき自分に悪意を抱き、捉えむち打ち、
十字架にかけた人々、それを面白がってはやし立てて見ている群衆、
裏切った弟子たち、そして私たちのために
血を流し苦しみの極致の十字架の上で祈るのです。

「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか
自分でわからないのです。」

ルカの福音書23章32節~34節

なんとありがたい究極の愛!!
私は、やられたらやり返す!倍返しだ!!!と つい、仕返しや鉄槌下しを
したくなりますが(笑)
これらの聖書の箇所をみて、踏みとどまろうと思うのです。

12:19愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。
それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。
わたしが報いをする、と主は言われる。」
12:20もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。
そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。
12:21悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。

ローマ人への手紙 12章19節~



 
2021.06.10 / Top↑
早起きしすぎて、外に出てみると、通学路にユリやガクアジサイが
集団登校の子供たちを待っているようです。
IMG_2458.jpg
IMG_2455.jpg
うちの紫陽花も盛り、ペチュニアも、カラーも咲いてます。
IMG_2466.jpg
IMG_2462.jpg
IMG_2461.jpg
IMG_2464.jpg
いつの間にか、向こうのほうの赤いバラが、いっせいに開きました。
IMG_2467.jpg

2021.06.10 / Top↑