横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

新約聖書の福音書に「姦淫の女」「罪の女」というエピソードが
出てきます。

律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕らえられたひとりの女を
イエスのところに連れてきて、
「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。
モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。
ところで、あなたは何と言われますか。」と聞くのです。
彼らには、イエスを陥れる意図があったのですが、イエスは、言いました。

「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」

彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、
イエスがひとり残された。
女はそのままそこにいた。
イエスはその女に「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。
あなたを罪に定める者は なかったのですか。」
彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。
「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。
今から決して罪を犯してはなりません。」  ヨハネの福音書8章より

最近、失敗や失言、間違いをしてしまった人を、執拗に追い詰めたり、
叩く、暴く 晒すということが多いように思います。
無責任に切り取られ、ばらまかれた言葉が、群衆心理に火をつける。
当事者でもなく、そこまでその人のことや、事情を深く知ってるわけ
でもないのに、「さぁ皆で正義の鉄槌を下しましょう!」と煽るのは誰?
これって、弱いものいじめの構図では?

私たち、だれでも失敗も失言、間違いはあります。
もちろん自分の言動が間違ったり誰かを傷つけたりした時は、
反省し謝り償うのは当たり前。だとしても、
「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい」
冷静に石を下に置いて、胸に手を当てて考えたい。

読んだ本の中に「天使は愛で覆う、悪魔はさらす」というような
言葉がありました。
愛で覆う・・天使の方に近づきたいものです。
謙虚さと品格は日本の美徳 大事にしようよ。
2021.02.11 / Top↑
讃美歌、聖歌にある有名な「輝く日を仰ぐとき」
自然を見ると、口ずさみたくなります。
ゴスペルヴァージョンでいつか歌ってみたい。

「輝く日を仰ぐとき」
輝く日を仰ぐとき 
月星(つきほし)眺(なが)むるとき
雷(いかずち)鳴り渡るとき 
まことの御神(みかみ)を思う

★ 我が魂(たま) いざたたえよ
 聖なる御神を
 我が魂 いざたたえよ
 聖なる御神を

森にて鳥の音を聞き 
そびゆる山に登り
谷間の清き流れに 
まことの御神を思う

御神は世人(よびと)を愛し 
一人の御子を下(くだ)し
世人の救いのために 
十字架にかけ給えり

天地(あめつち)造りし神は 
人をも造り替えて
正しく清き魂 
持つ身とならしめ給う

間もなく主イェスは来たり 
我らを迎え給わん
いかなる喜びの日ぞ 
いかなる栄えの日ぞ
2021.02.11 / Top↑
ご近所の三色の椿
赤が先に咲いて、白い花 ピンクのシマの花も咲きました。
ここがたぬきのお宿の目印です。

2021021110451829c.jpeg 20210211104853520.jpeg
お隣の八朔?おひさまを浴びて黄色がきれい
20210211104855b73.jpeg
2021.02.11 / Top↑
はらぺこあおむし大好きな孫に、手作りバッグを送りました。
喜んでくれてホッ。
このあと、このバッグを持って、お買い物に行ったそうです。
20210211003720e53.jpeg 2021021100371999e.jpeg
実は、娘が、はさみでジョキジョキ、この荷物を開ける時、バッグの取っ手を
真っ二つに切っちゃって、慌てて縫ったんだって(笑)
ママの手も加わって、LOVE倍増!
2021.02.11 / Top↑