横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

リクエストにお応えして「伸子の部屋」で必見!!と紹介した
Yolanda Adams の I Love The LordのYouTube画像です。
すでに、ご自分で探して視てくださった方々から、たくさんの
感動のメールが寄せられています。
天に帰った Whitneyへの敬意や賞賛を込めた、まさにトリビュート
圧巻の歌唱です!


2021.04.13 / Top↑
伸子の部屋で紹介したヨランダ・アダムスのVictory

I got, got the victory
私には勝利がある
訳詞はまた今度!





2021.04.10 / Top↑
IMG_6290.jpg

押入れの奥をゴソゴソした時に、失くしたと思っていた
カードが出てきました。
53年くらい前、富良野教会で聖書と一緒にいただいたもので、
この言葉が自分の人生の扉を開く鍵になりました。

いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と
この三つである

 新約聖書 コリント人への手紙 第一 13章13節
2021.03.31 / Top↑
オリジナル曲「ポンコツ車」の歌詞を解き明かす聖書の御言葉を
いくつか紹介します。

詩編119:15
35 私に、あなたの仰せの道を踏み行かせてください。
  私はその道を喜んでいますから。

37 むなしいものを見ないように私の目をそらせ、
  あなたの道に私を生かしてください。

105 あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。

ヨハネ第一の手紙1:7
6  もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、
  しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、
  真理を行ってはいません。

7 しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を
 歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血は
 すべての罪から私たちをきよめます。

2021.03.10 / Top↑
今日の午前中は、ブラック先生のメッセージを聞きました。
「すべてを捨てて神様についていく」
全てを捨てて&自分には何もできないことを認めて&死をも受け入れて、
神様に従ったモーセ、ヨシュア、イエス様、弟子たちの例を挙げ
神さまのCallに従いましょう!というお話でした。

長女が、久しぶりにzoom礼拝に参加して、「五か月間に及ぶ自身の
闘病の中で、神様に教えられたこと、気付かされたことが多く、
神様の大いなる恵みを得た」 という証をしてくれて、
ブラック先生と、この冬に、病を経験しているもの同士、
苦しみの中にある神の平安、癒し、導き、そして今ある
喜びと感謝を分かち合い、ブラック先生から熱い励ましを
受けました。
ブラック先生は、「私たちには、国境はない!」YCC&ファミリーのことを、
いつも心にかけてくださり、志保の新曲も楽しみにしているとのこと
ありがたいことです。 早く会いたいなぁ 
Halleluiah!!Thank you Jesus!!

長女の闘病を知らなかったアメリカ人のメンバーの方から、
母親の私にも、お見舞いというか、励ましと祈りのメッセージが
届きました。
遠慮しないで、ストレートに思いを伝えるって、素敵だな~
2021.02.21 / Top↑
久しぶりの雨で、地面が潤い、草木は嬉しそう。
ただ各地で、大雨や暴風警報が出てますね。
被害が少ないことを願います。

「雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、
それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、
食べる者にはパンを与える。
そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、
むなしく、わたしのところに帰っては来ない。
必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を
成功させる。」
旧約聖書 イザヤ書55章9~11節
2021.02.15 / Top↑
伸子の部屋を見てくださった方からのリクエスト
私がこのコロナ禍で励まされる曲 Mary MaryのCan’t Give Up Now


There will be mountains that I will have to climb
And there will be battles that I will have to fight
But victory or defeat, it's up to me to decide
But how can I expect to win If I never try.
I just can't give up now

私の目の前には、越えなければならない山々があります。
目の前に、戦わなければならない(避けて通れない) 戦いがあるでしょう
勝つか、負けるかは、私次第
でも挑戦もしないで、どうして、勝つことを期待できるでしょう!
私は、まだ、諦めることはできません!

この曲は、こんな歌詞で始まります。
このあと

思えば遠くへ来たもんだ!
でも 神様、あなたは私を遠くに置き去りにしたり
私を ひとりぼっちにしたりしない
状況がはっきりと見えない時も
神様、あなたは、私とともにいてくださる!

ざくっと、こんな歌詞が続きます。

コロナで足元みれば、泣きたいことだらけだよー!でも
諦めない!I Can’t give up now
2021.02.14 / Top↑
讃美歌、聖歌にある有名な「輝く日を仰ぐとき」
自然を見ると、口ずさみたくなります。
ゴスペルヴァージョンでいつか歌ってみたい。

「輝く日を仰ぐとき」
輝く日を仰ぐとき 
月星(つきほし)眺(なが)むるとき
雷(いかずち)鳴り渡るとき 
まことの御神(みかみ)を思う

★ 我が魂(たま) いざたたえよ
 聖なる御神を
 我が魂 いざたたえよ
 聖なる御神を

森にて鳥の音を聞き 
そびゆる山に登り
谷間の清き流れに 
まことの御神を思う

御神は世人(よびと)を愛し 
一人の御子を下(くだ)し
世人の救いのために 
十字架にかけ給えり

天地(あめつち)造りし神は 
人をも造り替えて
正しく清き魂 
持つ身とならしめ給う

間もなく主イェスは来たり 
我らを迎え給わん
いかなる喜びの日ぞ 
いかなる栄えの日ぞ
2021.02.11 / Top↑
日本語と英語の対訳聖書の質問があったので、私が持っているのを紹介するとコレ
IMG_5835.jpg
ゴスペルの歌詞を訳す時には、ネットで、いろんな英訳の聖書を
並行して調べることが多いです。

初めて手にした聖書はコレ 小学生の時、北海道富良野市の富良野教会の
日曜学校でいただいた新約聖書です。
IMG_5834.jpg

初めてお小遣いをためて買った聖書がコレです。↓
父に洗礼を受けたい!と言った16歳の時、父は、「信仰は心の中で
持っていればいい、 表明すると人生の選択肢が狭まり、苦労するのが
目に見えている」と反対しました。
父の父は、クリスチャンで、その苦労、苦悩を見てきたから 
娘にいばらの道は歩ませたくないと。
父は、「私の勝手!」と生意気で頑なな私を叱り、カッとしてこの聖書を
取り上げ、ゴミ箱に投げました。意地で拾わなかったこの聖書。
私は、それから休まず教会に通い、父を説得して、一年後のクリスマスに
洗礼を受けました。
捨てられたはずの聖書は、父の晩年、父の書棚から出てきました。
きれいな布でカバーがしてありました。 1973年って書いてあります。
挟んであったしおりを見ると、父が読んでいた形跡がありました。
父は、亡くなる前日に洗礼を受け、前夜式(お通夜)この聖書を皆で
輪読しました。
IMG_5832.jpg

これは高校時代から、いつも持ち歩いていたもの
IMG_5837.jpg

この聖書は、洗礼式の日、当時の教会の高校生会メンバーと大学生が
お金を出し合ってプレゼントしてくれました。
革装で立派なものですが、もうボロボロ。
IMG_5838.jpg

結婚の時に指輪の交換の代わりに聖書を交換しました。
IMG_5836_20210201203356612.jpg

いつもは、これと、もう一つ、YCCを始めた時に購入したものを使ってます。
共同訳やらリビングバイブルなど開くこともあります。
タブレットには、2017新改訳聖書と英語日本語の対訳聖書のアプリ、
入れてます。

番外編ですが、
これは祖父が印刷に携わった聖書です。
祖父は、クリスチャンとして明治、大正、波乱の昭和を生きました。
IMG_5830.jpg
IMG_5829 (1)
2021.02.02 / Top↑
だいぶ前にYCCゴスペルラヴァーズで歌った曲、久しぶりに聴いて
試しに歌ってみた♪
最近は、洗練された感じだけど 彼らの昔の粗削りさ、これがまたいいネ


2021.01.31 / Top↑
「空のこうのとりも、自分の季節を知っている。
山鳩も燕も鶴も、自分の帰る時を守る。
しかし、わが民は【主】の定めを知らない。」 エレミヤ書 8章7節

鳥たちは、太陽の位置や磁場、地軸をキャッチ!道しるべになるコンパスを
持ってますよね。生まれてくる時には、ちゃんと帰巣本能が備わってる。
犬や猫など動物も、南北の軸に沿って糞をするそうですよー。
神のなさることは素晴らしい!

神の法則に従順な被造物。
人間は、神に似せて作られ、神とコミュニケーションできる特権や自由を
与えられたのに、その自由で、神様の呼びかけを拒み、暗闇に足を取られて
不安でいっぱい。

「主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。
私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから」イザヤ書 55章7節より
2021.01.29 / Top↑
旧約聖書 詩篇84篇より

1 万軍の主。あなたのお住まいはなんと、慕わしいことでしょう。
2 私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。
 私の心も、身も、生ける神に喜びの歌を歌います。
3 雀さえも、住みかを見つけました。つばめも、ひなを入れる巣、
 あなたの祭壇を見つけました。万軍の主。私の王、私の神よ。
4 なんと幸いなことでしょう。あなたの家に住む人たちは。
彼らは、いつも、あなたをほめたたえています。セラ
5 なんと幸いなことでしょう。その力が、あなたにあり、その心の中に
シオンへの大路のある人は。
6 彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。
 初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。


今朝読んだ聖書の箇所です。

神様は、何度も、涙の谷を、愛や希望の泉のわく所にしてくださった。
どんな辛さや痛み、苦しみ、悲しみも それだけで終わることはない。
God has blessed me and He will continue to bless me.
これは実感です。

母を、この世から、送る日が近づいているようです。
「この世の重荷を下ろし、主の大庭で安らぎ、喜びの歌を歌う!」
その約束を楽しみに、シオンへの大路を、まっすぐ進んでくれるのを
願います。

2021.01.28 / Top↑
私が参加している、日曜日のリモート礼拝は、アカペラ生歌で
始まることが多いのですが、昨日は、始まりに賛美のビデオで
「Amen」という曲が流れました。
IMG_5781.jpg

闘病中のブラック先生=クリス牧師の容態は芳しくないようで、
パトリック師が彼に力を!家族が守られるように祈られました。
パトリック師のお話は、ペンテコステ系の激しい感情を揺さぶる
説教タイプではなく、聖書から適切なたくさんの聖句を引用して
落ち着いて話してくださるタイプ。英語は追いつかないけど
眠くはなりません(笑)
今回は、神様が一人一人に計画しておられるマスタープランの
お話でした。
いつも横浜コミュニティチャーチ(YCC)を心にかけてくださって
海の向こうにも同じ信仰を持つ仲間がいることに励まされ
心が熱くなります。

午後は、牧師が説教や、解説をして会衆が聞くというスタイルではなく
聖書を輪読をして、ディスカッション形式 会の前後に祈り、
牧師の祝福の祈りがある聖研という名のYCC礼拝です。
今は、コロナ禍なので、家族とN氏の4人で旧約聖書を深堀りしてます。
この日は、エゼキエル書の「神殿」の寸法、構造が延々と書いてある
章です。
建築やインテリアに精通しているN氏が、日本の畳の寸法や家屋との
共通点を見つけてくれて、とても興味深く、そこから古代の文化が
どう伝わって行ったのか・・
旧約聖書にある「バベルの塔」「ノアの箱舟」(神話と言う人もいるけど、
私は事実だと思う)やピラミッド、そして日本の伊勢神宮にまで
話が広がりました。
「聖書を土台に時空を超えるひと時」は有意義でした。
みんなと分かち合える日が早く来ますように!
2021.01.25 / Top↑
きょうは、歩いていて、ふと思い出しました。
2012年2月の 2回目のがん手術&入院を支えた曲のひとつ・・・
Mary Mary のShackles
当時、知ってはいたけど、ちゃんと歌ったことがなかったので
「ライブで歌う!」と決めて、歌詞を辞書で訳して、ボイスレコーダーに
イヤホンを突っ込んで、耳コピ、何回も聞きました。

なかなかリズムと歌詞が合わなくて、繰り返していたら
これからのこと、再発の心配など、考えてる暇はなく
やっと覚えて、確か5月か6月 ライブハウスで歌いました。
ところてんのように、新しい曲を覚えたら歌詞はするっと抜けちゃったけど・・・。
shacklesって、束縛っていう意味です。

1回目の手術で、癌から解放されたと思ったのもつかの間
「ヤバいの見つかった!一刻も早く手術を!」って言われ 青天の霹靂で・・・
歌詞を見た時、今の私にぴったしカンカン って思った歌です。

病院のベッドで動けない体。特に手術後、足の神経が麻痺していたので
早く足かせを外して、私を踊らせてー!ってとこ、実感でした。


Shackles の抜き出し歌詞とテキトーなんちゃって訳

Take the shackles off my feet so I can dance
I just wanna praise You
You broke the chains now I can lift my hands 

私の両足から足かせを外して!そうすれば私はダンスができる!
私はただ、あなたを賛美したい
神様 あなたは今、私の鎖を解いてくれた。
だから私は手を挙げることができる。

the corners of mind
I just can't seem to find a reason to believe that I can break free
Cause you see I have been down for so long
Feel like the hope is gone
But as I lift my hands, I understand
That I should praise You through my circumstance

心の奥で、私はもう、自由になれるなんて信じる理由も
見つからないくらい
わかる?私はもう長く落ち込んでいて
希望すら遠くへ行ってしまったみたいに感じるの
でも、両手を挙げたときに、わかった!
どんな境遇にあっても、私はあなたを賛美するべきだと。

Everything that could go wrong
All went wrong at one time
So much pressure fell on me
I thought I was gon’ lose my mind
Lord, I know You wanna see if I will hold on through these trials
But I need You to lift this load
Cause I can't take it anymore

すべてのことが、悪いほうに転がって
一度に全部がうまくいかなくなる
とっても大きなプレッシャーを感じて
私は気が狂うかと思った!

神様、あなたが、私がこの試練に耐えられるか
どうか知りたいのはわかっています。
でも、わたしには、この重荷を持ち上げるのに
あなたが必要なんです
私はもうこれ以上、我慢できないから!

Been through the fire and the rain
Bound in every kind of way
But God has broken every chain
So let me go right now

火の中も雨の中も、通ってきた
あらゆる方法で縛られた
でも神様は、すべての鎖を断ち切ってくださった。
だから私を、今すぐ行かせて
2021.01.22 / Top↑
Bless Me という曲
この曲を聞くと私は、一つの絵画を思い出します。
フランスの画家 ミレーの「晩鐘」です。

教会の夕刻の鐘の音が響いているのでしょう。
荒涼とした広い畑に、一日の労働を終えた農夫と
その妻が立ち、静かに祈っています。
足元には収穫したジャガイモがひと籠

ある時は、神様の与えた自然の恵みを喜び、
ある時は、その厳しさ、辛苦を味わいながら
それぞれの人生を差し出し合い、支え合って、
大地を踏みしめ 生きてきたふたり 

きょう一日が守られたことに深い感謝と安堵感
頭を垂れて祈る姿は神聖でもあります。

この二人は、少し離れて立っています。これこそ
ひとりひとりがそれぞれの人生を背負い、
真摯に神の前に立っている姿に思えます。

後ろに空が見えます。
空の色は明るく美しく温かい!まさに神様の恩寵、希望の光です。
晩鐘

自分の人生、ここまで!どうせ・・・なんて自分で限界を決めないで、
また、神様の恵み、御力を過小評価したりしないで
豊かに与えることのできる神様に、子供のように素直に大胆に
祝福を祈り求めることを、神様は喜ばれます。

★旧約聖書 歴代誌上4:10(新改訳)

ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。
「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。
御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことの
ないようにしてくださいますように。」
そこで神は彼の願ったことをかなえられた。

2018年フランスパリのセーヌ川沿いのオルセー美術館で この絵を見ました。
3年前は自由に行き来できたのに・・・コロナの終息を祈ります。
1050px-MuseeDOrsay.jpg
2021.01.21 / Top↑
きょうの午前中は、いつものブラック先生ではなく、ブラック先生の師
フロリダのパトリック先生の。「知恵」についてのメッセージを聞きました
そして午後は、エゼキエル書の37章の学びでした。
エゼキエル書の代表的な「枯れた骨」の箇所 

「主の手がわたしの上に臨んだ。わたしは主の霊によって連れ出され、
ある谷の真ん中に降ろされた。そこは骨でいっぱいであった。主はわたしに
、その周囲を行き巡らせた。見ると、谷の上に非常に多くの骨があり、また見ると、
それらは甚だしく枯れていた。」(37:1~2)
「これらの骨に向かって預言し、彼らに言いなさい。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。
これらの骨に向かって主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちに向かって
霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。わたしはお前たちの上に筋を置き、
肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。そして、
お前たちはわたしが主であることを知るようになる。」(37:4~6)

預言について、イスラエルの歴史や終末にまで話が及んで有意義な聖研でした。
そして、ここを題材としている「Dry Bones」というトラディショナル ゴスペルを
Youtubeで探して聴きました。
いろんなヴァージョンがあるけれど、日本のデユーク・エイセスが歌ってるのが
よかった!いやーうまいなー!!と感心しました。

2021.01.11 / Top↑
昨年は、毎週「伸子の部屋」という7、8 分のトーク番組で、ゴスペルを始めた
きっかけ、20 年のあゆみ、マヘリア・ジャクソンや、シャーリー・シーザーなどの
ゴスペルアーティスト、サークル紹介、末期がんと戦う在宅ホスピス医の話、
クリスマスの曲、エピソードなどを紹介しました。
またオンラインや、練習の合間に、歌詞の意味や、イスラエル・ホートンや
ドナルド・ローレンス、カーク・フランクリンなどゴスペルミュージシャンの紹介やら
聖書から来たことわざや名言 例えば 眼から鱗、三本の矢(より糸)豚に真珠、
魔が刺す、大岡裁き などの話、 自分の体験した病気の話、星野富弘さんの
ドクダミの詩 また星野さんを支援し、カレンダーを印刷出版した印刷会社を営む
嶋田さんの話、シンガポールの小学生の書いた「僕はママのスマホになりたい」
聖書のたとえ話は、良きサマリア人、放蕩息子、ミレーの「種をまく人」の題材に
なった四つの種、銀貨を探した女性、姦淫の女の話、使徒パウロの回心、ペテロの
エピソード、また アンネの日記、クリスマスキャロルを題材にした話、
狼やゾウリムシに仕組まれた習性、などなど・・・
ゴスペルを知り、歌うために、少しは役立ったかな?
聖書の中のJESUSの姿、その愛、希望、信仰、永遠の命、恵みなどにつながる
話を、もうちょっとうまく伝えたいんだけど、なかなかまとまらず、試行錯誤で
頭を抱え祈り、話した後反省しきり。
今年はもっと成長したいなーと切に思います。

おっと それよりゴスペルは「歌」ですよね♪
私も歌うよー!!
とにかくチャレンジしよう。
皆さん今年も宜しくお願い致します!!

コロサイ3:16
キリストのことばをあなたがたのうちに豊かに住まわせ、
知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、
感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。
2021.01.01 / Top↑

今週は、練習の合間に、星野富弘さんを陰で支え、初めてカレンダーの印刷、
販売などを手掛けた、大嶋さんご夫婦のお話をしました。

大嶋さんが感動した星野さんの詩

「神様がたった一度だけ
この腕を動かして下さるとしたら
母の肩をたたかせてもらおう
風に揺れるぺんぺん草の実を見ていたら
そんな日が本当に来るような気がした」
星野富弘作・ぺんぺん草

星野さんを励ました聖句です。↓

●マタイの福音書6:30
きょうあっても、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこれほどに装ってくださるのだから
まして、あなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか

●マタイの福音書11:28
全て、疲れた人、重荷を負っている人は、私のところに来なさい。私があなたがたを
休ませてあげます。
2020.11.25 / Top↑
川崎の換気時間にお話しした聖書の箇所は、

コリント人への手紙第一13:13

● このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
  このうちで最も大いなるものは、愛である。(口語訳)

● 13:13こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。 (新改訳)

伸子の部屋の一回目でもお話しした、私が初めて富良野の教会で
出会った聖書の言葉であり、結婚式の時に、お互いに贈った聖書に、
記念に書いた言葉です。

信じてはいけないものを信じたり、やみくもに自分の希望的観測を信じても
そこには混乱や破滅があり、また人間の愛には限界があります。

私たちの創造主、私たちをかけがえのないものとして命を懸けて
愛し抜いてくださる神様 JESESを信じること、そこに真実の愛があり
永遠に絶えることのない希望がある! 
GOD BLESS YOU!


2020.11.05 / Top↑
エゼキエル書は、旧約聖書の三大預言書のひとつです。
ユダの民のバビロン捕囚の最中で語られた神のことばの記録。
祭司エゼキエルは、捕囚となった民の中から20代で預言者として
召され、神のみこころを伝えました。
今回はエルサレム崩壊の預言、難解なところではありますが
歴史とにらめっこしながら、少しずつひも解いています。
感染予防のため、まだ、クローズ状態ですが、そのうち
いい形で再スタートできたらいいなーと思います。
IMG_5230.jpg
2020.10.13 / Top↑
練習の換気時間に、体験談や聖書のお話をさせていただいてます。
ゴスペルを歌う皆さんに、歌詞の中に一貫して流れる Jesusの愛って?
希望って?信仰って?それを、知り感じ、味わってもらいたくて。

一つを紹介すると、新約聖書のルカの福音書の中でイエス様がお話しされた
有名なたとえ話「良きサマリア人」
●良きサマリア人
(ルカの福音書10:25~37)
10:25すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスをためそうとして言った。
「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」
10:26イエスは言われた。「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」
10:27すると彼は答えて言った。「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、
あなたの神である主を愛せよ。』また『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』とあります。」
10:28イエスは言われた。「そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」
10:29しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。「では、私の隣人とは、だれのことですか。」
10:30イエスは答えて言われた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。
強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。
10:31たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。
10:32同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。
10:33ところが、あるサマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見てかわいそうに思い、
10:34近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで、ほうたいをし、自分の家畜に乗せて
宿屋に連れて行き、介抱してやった。
10:35次の日、彼はデナリ二つを取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。
もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』
10:36この三人の中でだれが、強盗に襲われた者の隣人になったと思いますか。」
10:37彼は言った。「その人にあわれみをかけてやった人です。」するとイエスは言われた。
「あなたも行って同じようにしなさい。」

他にこんな↓話もしました。ご興味があれば聖書を開いてみてください。

●戸を叩くキリスト
 「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて
戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、
  彼もわたしとともに食事をする」(黙示録3:20)

●放蕩息子
(ルカの福音書15:11~32)

●姦淫の女
(ヨハネの福音書8:2~11)

などなど
2020.10.08 / Top↑
日曜日は、午前中zoom礼拝 「サタンの誘惑に気をつけろ」
午後は、聖書研究「ミカ書」に入りました。
ミカは前8世紀の預言者☆可愛い名前ですが男性です。
(ミカイヤの短縮形らしい)
関係ないけどクリスチャンホームの女の子の名前では、
愛ちゃん、真理ちゃん みかちゃん、のぞみちゃん、
かおり、しおり(しおん)ちゃんが多い気がします。
ホサナちゃんもいたなー
(つい、知り合いの「みか」さんから脱線してしまった・笑)

まずは、ミカ書の初めに出てくる王様の名前と年代、そして地図を開いて
ミカの生まれたモレシェテ・ガテと呼ばれる町やエルサレム、サマリヤ
の場所を確認しました。
ミカは、偶像礼拝をしているサマリヤ(北王国)はアッシリアによって滅亡する。
また指導者階級の貪欲さでユダの地が荒れ果てる
という迫り来る裁きの預言をして、嘆き悲しむのです。
この「私」は誰を指すのか、この段落の意味は?と疑問が出て
原文は?ギリシャ語や、ヘブル語の聖書ではどう書いてある?70人訳は?
日本の古い聖書は?と聖書を出してきて調べました。
三章まで学び、裁きの章を終え、次回はちょっと明るいところが見えてくる予定。
そして夜にちょっとおふざけサプライズ 内緒だよー(笑)
IMG_4814.jpg
IMG_4810.jpg
2020.06.29 / Top↑
土曜日は、YCCゴスペルラヴァーズの動画配信日でした。
自粛も長くなりもう無理―!とか通勤やお仕事再開で気疲れマックスのメンバーも
いらっしゃるようですね。お疲れ様です。、ゴスペルで元気出してね―!

そんな中で、メンバーの皆さんから送ってくださるメッセージや
頑張って練習してるよ!!っていう動画に大感動!!!
ありがとうございます!思いが一方通行じゃないって、何より嬉しいね~

日曜日は、午前中はzoomで礼拝 午後は聖書研究ゼパニア書でした。
時代を遡っていくというマニアックな聖研
ゼパニア書のゼパニアは、南ユダ王国の善王として有名なヒゼキヤの血を引く
王家出身の預言者です。50年ほどダメ王様に支配されてた国に、やっと
誠実なヨシア王(BC639-609年)が現れて、ヨシアによる宗教改革というか刷新
(BC621年の「律法の書の発見」から(2列王22:3)がなされている最中のこと
まだまだ国の中に偶像礼拝やら、王様の言うことを聞かない人たちが
はびこっていた時代、ゼパニアは、全地、またこの国や周りの諸国に対する
恐ろしい裁きの宣言、そこから、イスラエル、また諸国の回復の預言
そして終末論まで預言しました。
ここで書かれていることと後に書かれたヨハネの黙示録の記述には
驚くべき一貫性が見られます。
とにかく、偶像礼拝や「主は良いことも、悪いこともしない」と、神を神と思わず
軽んじる生活をして、おごり高ぶる姿を真実の神様は決して見過ごされない。
信仰をしっかり保ち、常に自分を顧み、自分のやり方、自分の考え方を優先せず、
主に喜ばれるように、主を第一にして歩むこと。それを見て、主が喜び歌われる!
「葡萄酒のカスの様によどまずに」、常に新しく磨かれていきたいという思いを
新たにした聖研でした。
IMG_4569-crop.jpg



2020.06.08 / Top↑


コロナウィルスの感染拡大が深刻になってきました。首都圏封鎖のうわさもチラホラ
私たちYCCゴスペルラヴァーズとゴスペルファミリーの川崎ゴスペルクワイアや、
寺尾、みなみ、菅田、大口のゴスペルサークルも
4月いっぱい、練習をお休みすることにしました。
こんな時こそ 歌いたい!Can't Give Up Now!!
ずいぶん前に練習した曲を、メンバーの一人が思い出させてくれました。

登らなければならない山もある
そして戦わなければならない闘いもある
勝つか負けるか、それを決めるのは私次第
でも どうして勝つことができる?挑戦もしないで
IMG_4153.jpg
2020.03.27 / Top↑
日曜日は、いつもの三人で聖研の前に、ちょっと声を合わせて
サビの声の出し方研究!?この曲いいね!という初めての曲を
適当にハモってみたりしました。

そして、聖書の時間!
出エジプトのモーセと民衆たちを追いかけて、出エジプト記35章から
レビ記を飛ばして、民数記9章 エジプトを出て2年目のモーセ達の様子を
読みました。当時の埋葬や過越しのいけにえなど、日本や中国などの
風俗習慣や儀式などとの共通点など、へぇーということがたくさん出てきます。
週の初めに聖書を開き、祈りのひと時を持てることは、大きな恵み、祝福です。
2020.01.21 / Top↑
... 続きを読む
2019.03.26 / Top↑
3/17(日)
聖研は12 使徒のひとりピリポの生涯でした。
ヨルダン川の岸辺でイエス様に招かれて弟子になったピリポ。
イエスに試されたり、呆れられたり・・それが、イエスの死後は
ウクライナやギリシャ、小アジアで熱心に伝道に励み 
十字架で殉教します。
4つの福音書に書かれている5000人の給食という有名なエピソードで
イエスは、ピリポに問いかけます。この問いかけの模範解答はよくわからない。
「イエスは、なぜ問いかけられたのか??」と皆で考えました。
伝説では、軍神マルスと竜の逸話が残されています。

使徒の働きの中の伝道者ピリポと混同していやいや別人!(笑)
今回はピリポひとりで時間いっぱい!
次は、バルトロマイ(ナタナエル)の巻です。
2019.03.17 / Top↑
日曜日、聖研は、最年少のゲストが参加 ほとんど足元で寝てましたけど・・・。
DSC09393.jpg
12使徒のリーダー格のヤコブ(ヨハネの兄)、ペテロの兄弟アンデレ、
疑い深い性格と言われてるトマスの 3人に焦点を当てました。
ヤコブは雷の子というあだ名がつけられるほど激情型 声も大きかった
らしい。
スペイン方面に伝道に出かけ弟子たちの中で一番先に殉教しました。
彼のシンボルは、ホタテ貝、ホタテを首にぶら下げていたとも、ヤコブが
エルサレムでヘロデ王に殺されて、その遺体を運ぶ船にホタテがいっぱい
ついていたからとか、諸説ありますが、フランスではホタテ貝のことを
「聖ヤコブの貝」って言うんだって。
布教活動を行ったスペインにお墓がありサンティアゴ・デ・コンポステーラ
大聖堂が建てられて、そこに続く歩道には、ホタテ貝が埋め込まれている
そうです。
聖ヤコブはキリスト教国スペインの象徴となりました。

アンデレは、ペテロの弟 イエス様がよみがえられ、天に上った後、
アジア地方で宣教活動を行い、イエス様と同じ十字架は、畏れ多いと、
X字型の十字架で処刑され、苦しみながらも絶命するまでの2日間で
2万人の人に福音を語ったそうです。
X字型の十字架は、アンデレクロスと言い、国旗や軍旗などにあしらわれて
いますね。このアンドレクロスの教会もあります。
ルーベンスの絵画で、「アンデレの殉教」というのがあります。

トマスは、イエス様の復活を信じられず、疑い深いトマスと呼ばれています。
・・・・・・・
新約聖書 ヨハネの福音書 20章:24節から
十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたときに、
彼らといっしょにいなかった。 20:25それで、ほかの弟子たちが彼に
「私たちは主を見た。」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に
釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに
差し入れてみなければ、決して信じません。」と言った。
20:26八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょに
いた。
戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安が
あなたがたにあるように。」と言われた。 20:27それからトマスに言われた。
「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、
わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者に
なりなさい。」
20:28トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」
20:29イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。
見ずに信じる者は幸いです。」
・・・・・・・・・
彼はインドに宣教に行き、やはり捉えられて殉教しました。

聖研がいったん終わってから、Mさんが来訪。彼女は、実際に訪れた
スペインのヤコブのお墓の大聖堂や、街にホタテが飾られている様子など
興味深い話をしてくれました。次回は、12使徒の・・マタイかな?ユダかな?
誰が出てくるかお楽しみに。



2019.03.04 / Top↑
きょうの聖書研究は、新約聖書から使徒ヨハネについて。
12使徒の中で、ただ一人殉教せず、長寿を全うしたヨハネについて
記事を見つけて、その人生を追いました。
漁業を営む裕福なゼベダイの息子で、兄のヤコブと共に、
イエスの弟子に加わりました。12弟子の中では一番年若く、
イエスに愛され、迫害を受けパトモス島に幽閉されたのち、
イエスの母マリアを引き取って、今のトルコのあたりで生涯を終えた人で、
ヨハネの福音書や黙示録の著者と言われています。
「雷の子」とあだ名をつけられるほど、気性が荒かったようですが、
晩年は柔和な「愛の人」と、皆に慕われたそうです。
そんなヨハネの横顔・・・絵画では女性のように描かれています。
大昔の人ですが、なんだか聖書を通して私たちに語り掛けて
くれているようで、親しみを感じました。

2019.02.24 / Top↑
聖書に出てくる12使徒の人物像の一人目 ペテロについて
今週は、新約聖書の「福音書」と「使徒の働き」から、イエス様が十字架に
架かられ、復活されたあとのペテロの姿を追いました。
ペテロはガリラヤ湖で魚を捕る漁師だった・・・・
ガリラヤ湖って?
イスラエル最大の湖で、 周囲53キロメートル、南北に21キロメートル、東西に13キロメートル
平均深度: 25.60 m、最大深度は43m。海抜マイナス213m
聖書には、一晩中網を下ろしても魚が一匹も取れなかったのに、
イエス様の指示に従って網を下ろしたら、網がはち切れんばかりの魚が
獲れた話がでてきます。
みんなで、聖書の数行から、ペテロの心情や行動を想像して話していくと
なるほど!気づかなかった!目から鱗・・ってこともあってなかなか興味深い!
そのガリラヤ湖でペテロが捕っていた魚は??ま、色々いたんでしょうけど、
ペテロが、イエス様に言われて 魚を釣り上げたら、口の中から銀貨が出てきて
それで税金を払ったっていう魚はコレ!???
e0054531_647545_R-crop.jpg
ガリラヤ名物 お店で料理されて出てくる鯛くらいの大きさの
セントピーターフィッシュ(聖ペテロの魚) この魚は、クロスズメダイの一種で、
白身の魚で味は薄目らしい。
そんなエピソードも交えながら、「岩」と意味する呼び名をイエス様からいただいて
弟子の先頭に立ち、迫害の中でも、命懸けで人々にイエス様のことを伝え、
奇跡を起こし、伝承によるとやがてローマで殉教(逆さ磔と言われている)していく
ペテロの姿、彼の書いたとされるペテロの手紙から「生きた信仰」を教わりました。
ずっと昔に読んだ「クォ・ヴァディス」をもう一度読んでみようかな~

次回の聖研では、ヨハネを取り上げます。

2019.02.19 / Top↑