横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

先日の聖研は全員集合でした。
この日の聖書の個所は、ヨハネの手紙第一の2章~

2:1私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、
あなたがたが罪を犯さないようになるためです。もしだれかが
罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方
あります。それは、義なるイエス・キリストです。
2:2この方こそ、私たちの罪のための、――私たちの罪だけでなく
全世界のための、――なだめの供え物なのです。

この「弁護してくださる方」イエスキリストについて、神様について
どんな方なのか・・・質問があり、その答えを探し、考えて話し合い、
また、窮地にある時、途方に暮れた時、歩むべき一筋の道を
示してくださる神様の導きについて、話しました。
その話の中に出てきた聖書の個所 パウロの手紙を下に書いておきます。

新約聖書 第2コリント人への手紙4章
4:8私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。
途方にくれていますが、行きづまることはありません。
4:9迫害されていますが、見捨てられることはありません。
倒されますが、滅びません。
4:15すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人々に
及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現われるようになるためです。
4:16ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、
内なる人は日々新たにされています。
2018.05.22 / Top↑