お見舞い

2012/ 11/ 26
                 
きょうはあいにくの雨でしたが、
大切な人(麗しき女性だよ)の見舞いに
川崎まで行ってきました。

しばらくぶりの彼女は、退院後そんなに経っていないけれど
思いのほかお元気で安心しました。
穏やかに、青天の霹靂のような入院・手術のことなど
話してくれました。
失ったものの大きさを思うと言葉に詰まってしまう私に、
彼女の方から、
乗り越えられない試練はない・・・と
励ましたいのに、かえって力づけられて帰ってきました。

彼女が外に出て、自由に行きたいところに行けるようになるのは
「近いうち」 
それまで心身ともにゆーっくり休養してほしい
もちろん超速回復して「近いうち」が早く来るのは大歓迎!
ご快癒を心から祈っています。