FC2ブログ

横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

日曜日のバイブルスタディは、『How Much We Can Bear』の歌詞から、
聖書を開きました。
How much we can bear!
Jesus He knows

どれだけの試練に、わたしたちが耐えられるか?主イエスはご存じだ 
と訳してます。
このBear には「耐える」だけでなく 我慢する、支える、負う、処する、分担する、心に持つ
という意味もあります。「耐える」を言い換えてみると実感しやすいですね。

Just call on Jesus. 
主イエスを呼び求めよう 

He will see you through
彼はあなたのことを最後まで面倒を見る、助ける、見ていてくれる
He will make a way
彼は道を作ってくれる、示してくれる、開いてくれる!

・・・・・・・・

旧約聖書の中には、これでもか!というくらいの試練にあって、裕福だった暮らしから一転、
持ち物も財産も家族も健康も、とにかくあらゆるものを失い、頭のてっぺんから足の先まで
悪性の腫物だらけになって心も体も苦しんで苦しんで、傷ついて、妻にも友達にも責められて、
辛うじて命だけはある・・という不幸のどん底を経験した人物、ヨブのことを書いた 
ヨブ記という書があります。

「試練」・・ということで、試練ののち、大きな祝福をいただいたヨブの一生を振り返り、
ヨブと神様との対話の箇所を皆で輪読しました。

聖書のコリント人への手紙第一10:13には、

『あなた方の会った試練はみな 人の知らないようなものではありません
神は。真実な方ですから あなたがたを耐えることのできないような試練に
あわせるようなことはなさいません。
むしろ耐えることのできるように、試練とともに脱出の道をも備えてくださいます。』
と書いてあります。
「脱出の道を備える」は、解決法、突破法を提供するとか、あなたとともにいて解決する方法を示すと
訳すこともできます。

このHow Much We Can Bearは、この聖句から、インスピレーションを得た曲ですね。


「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい
 神があなたがたのことを心配してくださるからです」ペテロ第一の手紙5:7

どんな試練においても、あれこれ思い煩うことなく神を信頼し
勇気をもって受けて立ち、乗り越えて、勝利を喜びたい!


今週も、聖書の言葉を深く味わって、一週間を始めることができて感謝です。
神様の祝福が皆さんの上にありますように!!

2012.01.22 / Top↑
Secret