FC2ブログ

横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

ありがたいことにいろんなクリスマスイベントからお声がかかりまして
いつでもどこでも毎日でも 歌いたいのは山々なんですが,
重なったり、時間的に無理で、どうしてもできないところは
お断りせざるを得ないです・・・
ごめんなさい。きょうも数件残念ながらご縁がなかったって
ことになりました。
すみませんです。
2011.10.18 / Top↑
わんこのチェリーは、足が弱って立ち上がれないけれど、
この頃ちょっと太って比較的元気にしています。

以前よりちょっとだけ起きている時間が長くなって
首を持ち上げてキョロキョロしたり、しゃべるような鳴き方をしたり。

私達が家を留守にする時には、気配でわかるらしく 置いてきぼりに抗議するように、
家を出る直前まで水も飲まず、えさも食べずせず。
ほとほと困って焦る私達・・
水に鼻をつけて溺れたみたいになってみたり、えさをのどに詰めるので、
どうしても介助が必要。
外出が長くなる時には、もうチェリーに頼み込んで好物を食べていただき(笑)
ミッキーに「後は頼んだよ!」と言って、飛び出す感じです。

みんな帰ってくるとまず、チェリーの生存確認。
会社の飲み会で酔っ払って帰ってきた息子も玄関からチェリーに直行
ひとしきりチェリーを撫でて、そのままダウン(笑)
チェリーのほうが、大丈夫??って言いたそうな顔で見ています。
111018_0038~01
人間の赤ちゃんは、はじめは歩けなくて、寝てるか抱っこ。やがて寝返りを打って、
お座りができるようになり、やがて歩けるようになります。
チェリーは2ヶ月くらいでうちに来た時は 元気いっぱい、すでに抱かれるのが
嫌いな子犬だったので、家族みんなチェリーをゆっくり抱っこした記憶がほとんどありません。

いま、動けなくなったチェリーは、抱き放題、撫で放題、添い寝放題。
年老いたチェリーが、私達に赤ちゃんのいる生活の楽しさ、温かさを与えてくれてます。
やきもち焼きのミッキーもこの頃は、チェリーにとっても優しい。
鳴いたら心配そうに駆けつけてくるし、長老を労わって敬愛するような態度に見えます。

神様に生かされている「いのち」は、そこに存在するだけで、
あるがままで、尊い「灯」なんですね。

2011.10.18 / Top↑