FC2ブログ

横浜のゴスペルクワイア YCCゴスペルラヴァーズmamaの日記♪

合唱のワールドチャンピオン大会で世界一になった
高校の指導者の先生のインタビュー記事を読みました。

歌は誰でも歌えるものだし、磨けば磨くほどよい歌声になる。

発声、発声、発声練習あるのみ。

自分を知ること、自分の声をを好きになるが大事。

自分のあるがままの声をきちっと見つめ、はじめは輝いてない
岩石のような石を努力して磨き続けていく。

他の人と比較したり羨んだり、自分の能力のなさを嘆くのではなくて
素直に努力するといい声になる。

お互いのいいところを認めて心を合わせていくこと。他人を思いやる感性。
生きていること 生かされていることへの感謝の気持ちが素敵な歌、音を作る

などなど、私達のゴスペル練習とは、目的も背景もやり方も違うから
一概には言えないけど、「やっぱり」とか、「なるほど」って思うこと、
他にも具体的なことも書かれていて、いままでやってきたことに
自信を持たせてくれる言葉もあって嬉しかった。参考になりました。

私達の練習でも目的意識を持って、素直に、真面目に取り組んでると
ビックリするほどいい声がでてきて、まわりともいい関係が築けて
嬉しいよねー。
バスの時間もあって、発声に間に合わない人もいるけど、
発声練習は、貴重な宝!もったいないから 頑張って10分早く出て、
はじめから、参加してほしい。 

2009.02.04 / Top↑